台湾青茶の入れ方のポイント。これさえ気を配れば、おうちの道具でおいしく入れられます。

台湾のお茶、やっぱり専用の道具がいるのかな?と思うかもしれませんが、おうちにある急須やティーサーバーなどでも、美味しくいただけます。
 ただ、日本茶の入れ方とは違うところもあるので、入れ方のポイントをご案内します。大きな違いは、日本茶は旨みを出したいお茶ですが、台湾茶はとにかく香り高く入れたいお茶、ということ。

 大きなポイントは ①温度管理 ②茶葉の量 です。

1.道具を選びます。
お茶を入れる道具も、おうちには急須や、ティーポット、ティーサーバーなど、いろいろあるかもしれません。
 お好きなものを使っていただいて大丈夫です。
 紅茶や日本茶に比べると、中国茶は茶葉をものすごくたくさん使うように見えます。重さにしたら若干多いかも、くらいだと思いますが、見た目は若干どころの騒ぎではありません。こんなにいっぺんに使ったらもったいない、と思ってしまうこと請け合いです。
 そんなわけで最初は、ティーポットのような容量の大きいものだと、入れる茶葉の量にちょっと勇気がいります。

 でも、そこで茶葉を少なくしてしまうと思ったような味のお茶にならないので、最初はあまり勇気のいらない比較的小さい茶器から挑戦してみてください。
 この写真の中では真ん中の急須が一番ちいさいので、こちらで入れてみます。

2.茶器を温めます。
 使用する茶器を全部温めます。
 急須などの、お茶を入れる道具も、飲む方の湯呑みも、みんなです。
 でも、いっぺんに全部温めるのは作業として面倒ですし、お湯ももったいないですね。
 まずは急須などのお茶を入れる道具をお湯で満たし(写真)、温まったらそのお湯を湯呑みに注いで湯呑みも温めるといいと思います。
 湯呑みのお湯はお茶を注ぐ直前までそのままで。




3.茶葉は充分な量を使います。
 急須を温めたお湯を湯呑みに移したら、茶葉を入れます。
 中国茶では茶葉の量は少し多め。写真は文山包種を5g、急須の容量は約200㏄です。まずはこれくらいを目安にお好みで調節してみてください。
 文山包種や東方美人などの条形と呼ばれる撚りの弱い細長い形状のものは、実際の重さより多く見えますので、少なく用意してしまいがちなので、最初は重さを測ってみるといいかもしれません。
 3煎くらいいれて、茶葉が完全にひらいたときに、茶器の中に茶葉が6割から8割くらいを占めているくらいが理想的な量です。

4.お湯を注ぎます。
 香り高く入れるためには、お湯を高温に保つことが肝心です。
 沸かしたてのお湯を使って、優しく注ぎましょう。
 お湯は急須いっぱいに注ぎます。
 蓋をするとお湯がこぼれるくらいです。お湯をいっぱいに満たすことで高温を保ちます。
 おうちにある深めのお皿などにいれて、こぼれるお湯を受けられるようにするといいと思います。ここでさらに急須の蓋の上からお湯を掛けてあげるとより香り高く入れられます。

5.お茶を出します。
 しばらく蒸らしてお茶を出します。
 お茶を出すときは、その都度、最後の一滴まで出し切りましょう。
 蒸らし時間はお茶葉の量・種類によりますが、1煎目2煎目はだいたい1分前後。3煎目は1分半前後。4煎目は2分くらいと少しずつ蒸らし時間を長くしていきます。
 棗茶房でお取り扱いしているお茶では、茉莉花茶・金萱茶は蒸らし時間は短めにするのがおすすめです。
(写真では茶海という道具を使用していますが、湯呑みに直接注いで大丈夫です。茶海は何人かでお茶を飲むとき便利ですが、なければ日本茶と同様に、皆さんの湯呑みに少しずつ行って帰っての繰り返しで均一に注ぎましょう)

6.お茶を飲まない時間は蓋を少し開けておく。
 例えば朝、お茶を入れて2煎飲んで、3煎目はまたお昼に、そしてまた夕方には5煎目か6煎目からということもあると思います。
 そうやって間をあけて一日中楽しめるのも良いところ。お茶の種類にもよりますが、うまく入れれば10煎くらい楽しめます。
 間をあけるときは、茶葉が息ができるように急須の蓋は少しだけ開けておきましょう。
 そして、再開するときは茶葉が少し乾いてきてしまっているので、蒸らし時間は長めにおいて、茶葉にもう一度目を覚ましてもらいましょう。

   高温に保ってお茶を入れることが出来れば、
  難しいことはありません。

   おうちにある道具でぜひ楽しんでみてください。


            茶葉一覧はこちら